お知らせ

お知らせ

「YATARAJIMA LIFE 矢鱈縞と暮らす」新コンセプトが加わりました

2017年3月11日土曜日

不規則な並びに習う

日本の伝統着ともいわれる着物に多く使われる矢鱈縞。縞模様の筋幅や色の配列が不規則で興味深い。かつては残り糸で織られたていた事もあったそうだ。きちんと整列した模様は綺麗だが、不規則なものも深みがありおもしろい。私たちの社会では「出る杭は打たれる」というが、出る杭こそが時代を変えていく。型にはまらず矢鱈縞に習い自分らしく生活したい。

1月13日「建設工業新聞」

2017年1月13日金曜日

2016年12月6日掲載「建設工業新聞」

2016年12月26日月曜日

2016年12月16日全国から加盟店が集結しRenottaaward2016開催!

「CALIFORNIA LIFE アメリカ西海岸の暮らし」新コンセプトが加わりました

2016年11月11日金曜日

カリフォルニアスタイル
アメリカ西海岸に位置するカリフォルニア。そんなカリフォルニアをイメージした部屋はヴィンテージな佇まい。レザーのソファを置けば、重厚感漂うクールなスタイルの完成。毎朝、散歩に行くような感覚でサーフィンを楽しんだり、車やバイク、アウトドアなどの趣味を大切にする。ファッションもライフスタイルも世界中から注目されるカリフォルニアスタイルを送るにピッタリな一室です。

「BLACK BOARD LIFE描ける部屋」新コンセプトが加わりました

2016年10月12日水曜日

変幻自在に変化できる壁
子供の頃から馴染み深い黒板。チョークの独特な風合いが懐かしくもあり、どこか新鮮でもあります。みんなの物だった黒板をあなたのお部屋へ。壁一面に設置された黒板に、イベントや季節に合わせた黒板アートはもちろん、レシピやスケジュール、描く内容は自由です。世界にただひとつのオリジナリティ溢れる壁紙を次々と描いてください。あなたにとって、いつでも、いつまでもお気に入りの空間となることでしょう。

「RETRO LIFE 古き良き趣」新コンセプトが加わりました

2016年10月12日水曜日

レトロでホットな生活

一昔前の家庭では、ゆっくりと時が流れ、家族の明るい笑い声が絶えないイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。一方、現代では家族が一緒にいても、スマホやパソコンを相手に無言で熱中してしまうこともしばしば。そんな暮らしを打破すべくつくられたのがこの部屋。目線の高さで切替られた味のある青みのクロスに濃い木目の床。レトロな雰囲気が家族をあたたかく包み込み、自然と会話が始まります。家ではデジタルを少しお休みし、ホットな家庭を築きたいものです。

「5AM LIFE 一日のはじまり」新コンセプトが加わりました。

2016年6月16日木曜日

朝の静けさ、みなぎるパワー

夜明け前、午前5時。今日も1日が始まる。夜を思わせるブラックのクロスと、明け方を思わせるブルーのクロス。2色の融合が作り出す、朝でもなく夜でもないひととき。そんな特別な時間をさらに彩る、繊細なアラベスク調のパターン。幻想的なこの空間で、エネルギーを補充しませんか。


Renotta.jpを見る

「OTONA-MARINE LIFE 海が薫る部屋」新コンセプトが加わりました。

2016年6月11日土曜日

海が薫る部屋
オトナ女子のマリンスタイル

マリンスタイルの王道ホワイトとブルーにグレーを織り交ぜることで、甘すぎる事なくほど良くかわいいオトナマリンの完成です。貝殻やヒトデをモチーフとした小物や、流木やガラス瓶をディスプレイ。マリンランプを灯せばまるでシーサイドハウスのよう。かわいいだけじゃない、深みあるオトナ女子にぴったりの暮らしを愉しむお部屋です。

「HAMMOCK LIFE 365日アウトドア」新コンセプトが加わりました。

2016年6月11日土曜日


365日アウトドア
芝生とハンモックがあるお部屋

天候や時間に左右されず毎日好きなときにアウトドアを楽しめるお部屋です。ハンモックが吊るされているのはもちろん、お部屋の一角には人工芝も敷かれています。目を閉じれば木陰で心地よい風に吹かれているような感覚があなたを優しく包み込みます。読書、映画、お昼寝、インテリアとしても。おもいおもいのハンモックライフをお愉しみください。


「BIT GAME LIFE 僕の原点」新コンセプトが加わりました。

2016年6月11日土曜日

BIT GAME LIFE

僕の原点
アートとみせかけたゲーム画面

子供の頃、宿題もやらずに夕飯までゲームに没頭していた人も多いのでは。そんな楽しかった思い出をお部屋に取り入れました。当時まだ粗かった8ビットのゲーム画面を壁面に。少年時代から目を酷使していたあなたのために色味はアースカラーで統一しました。今でも不思議と忘れていない8bitのピコピコ音が脳内再生され、童心に返ったような純真な気持ちになることでしょう。



Renotta.jpを見る